読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

darts practices ダーツ練習野帳

四十路な週末ダーツプレイヤーの練習メモ。毎日練習毎日勉強。このメモ類、大抵の方の役には立たない。

踵と肘(9/21の練習)

ダーツ 練習

風邪か何かでめまいがしたので練習時間を短めに2時間程家練。

 

あからさまにふらつきがあったのでじっと立つ為に考えたのが踵重心。ミドルで踵だと少しぐらつくので前足だけ若干オープン(まっすぐ)気味に。スタンスと言うより「立ってる意識」みたいな部分。ここまでは中々よし。

 

考え事をする時に参考にして居る屑桐さん(id:TKlaw)のブログでテイクバックに関する考察があって試してみた。

文字から感じ取って腑に落として自分なりにこうかなーとやってみる。

 

テイクバックをする時ほんの少し肘をあげる。肘を見ながらテイクバックしても2cm変わるか変わらないか程度、あまり肘は上げられない。【肘は動かさない】みたいな基本があるが、思い切ってじゃんじゃん動かす。

 

テイクバックが深くなるとダーツがびゅーんと飛ぶ感じで、放物線の一番上で盤に届くようになった。T20、T18あたりには綺麗に飛んで行く軌道が見易い。力が乗ると言うのはこう言うことか。副産物かも知れないが、肘を庇って腕が伸ばせない僕でも腕を伸ばしやすい。

 

T6ブル練はタイミングが難しく狙うまで行かない。が、飛んで行くダーツが心地よくて体調が悪いのも忘れて投げてしまう。放すタイミングの調節を今夜もやってみる。