読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

darts practices ダーツ練習野帳

四十路な週末ダーツプレイヤーの練習おぼえがき。PERFECTプロ会員の資格を取得。日々練習、日々勉強。

リーグに誘われた

ダーツ 練習 メモ 行きたいお店

ハンデ無しのリーグに興味ありませんか??

スポーツとして競技的にダーツ出来る人を集めていきたいと考えてまして。
真っ先に思い浮かんだのが、鉄さんなんですよ。

もし、ONEリーグ出ることになっても曜日は被らないと思いますし、良ければお力貸してもらえませんか?(><)

某O君からのLINEより。転載しちゃった。


sideのONEリーグに誘われるのかと思っていたら新桜台 ぷくぷくのZEROリーグ(新チーム)らしい。リーグのやり方とか内容についてイマイチ理解していない僕としてはここからGoogleに頼りつつO君に質問タイムとなる。
ZERO LEAGUE(ゼロリーグ) | JSDL公式 関東ソフトダーツリーグ | フェニックス ダーツ


O君はPERFECTの先輩で、初めて会ったのがsideのハウストーナメントの日。投げるテンポはゆったり。肝心な所で外さない人だなと思っていたらPERFECTの人だった。その日のハウストーナメントはハイローのダブルスで結局O君チームが優勝した。


その後はPERFECTのプロテスト用に501の相手をして貰ったりアレンジ習ったり予選501を延々と対戦したりと会うたびに占有させてもらった。

で、そのO君から誘われたリーグ、まずはやってみようと考えた。平日夜のリーグ戦が翌朝6時半の電車に乗る僕にどの程度のダメージを与えるのかはやってみてから感じればよい。ホームになる予定のぷくぷくはまだ行った事がないが歩いて15分だしアウェイ戦だけが問題になるかもしれない。

近いのにぷくぷくへ行った事が無い理由は20時オープンという時間設定だった。今後はよく行く事になる。
ぷくぷく|フェニックス ダーツ ジャパン| PHOENIXDARTS


と、昨日は、ダーツにどはまりするきっかけを作った罪深き友人H君とYouTubeで「今現在のスローどうよ」みたいな送り合いをした。僕のは相変わらず硬い。利き手が左のH君はイップスになり今は右腕で投げている。

左の頃よりもクイックになったなぁと昔を思い返すが、僕が逆手で投げる時も入るか入らないかの結果をすぐ知りたくて早く投げてしまうので、スイッチプレイヤーに出やすい事象なのかもしれない。

ブルをターゲットにして投げて、ブルの左に集弾するのをどう修正するかを今後のH君は考える事になる(他人事w)。

昨夜の練習はT20。風呂の前と風呂の後で都合1時間はみっちり投げ込んだ。風呂の後の方が断然よいのは身体が温もっている事とリラックス効果か。