読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

darts practices ダーツ練習野帳

四十路な週末ダーツプレイヤーの練習メモ。毎日練習毎日勉強。このメモ類、大抵の方の役には立たない。

出力が調整出来ない(3/29)

昨夜はリーグで、そのアップのために大急ぎで帰宅しsideへ向かう。お目当は某Hプロとのオンライン対戦だ。sideに着いて2回カウントアップ。400点程しか取れないがオンライン対戦を申し込む。

結果からいうと惨敗祭で中々苦しい祭だった。

某Hプロもブルに苦戦して居たが長時間ダーツをして居たのだろうし疲れもあったろうな。お相手ありがとうございました。


PRO501からスタートしてもらって1投目がD20。ずっとT20を狙ってたのだが、ずっと上。あまりに酷いのでレコーディングダイエットの刑。

全てトリプルよりも上に着弾してかつ纏まらず。今になって思い返すと「楽しくて舞い上がっていた」のだろう。19時越えた頃からの後半は頭の中も落ち着いてダーツも寄ってきた訳だが、このしょっぱなの調整不可状態が短ければ短い程よいはずだ。


楽しくて「わーー!」となっている時、ボードと対戦相手の画面ばかり見て身体側のサインを見落としている。これは緊張が過ぎる時も同じで「ブルに入れなきゃ」と出力結果ばかりにとらわれている。

ダーツは飛ばすまでは手の中にある、ということを忘れてしまう訳だ。ブルに入る事も、T20へ入る事も、手から離れた結果だ。「飛ばすまで」に注力出来ない時の結果は先にあげた通りだ。

昨夜のリーグ

久し振りのホーム戦でしっかり勝利。残りは後1戦。自身の内容はイマイチ。もう少し打てるはずなのにな、と小首を傾げるが練習不足なのだろう。

1投目を失投するのが勿体無いな。

右肩少し下げスタンスは良さそうなのでしばらく煮詰める。