読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

darts practices ダーツ練習野帳

四十路な週末ダーツプレイヤーの練習おぼえがき。PERFECTプロ会員の資格を取得。日々練習、日々勉強。

掴み所のない日(1/21)

練習 ×

家練では寒かったので桜台のsideへ。15時40分くらいから19時まで。ダーツライブでカウントアップ、phoenixでオンライン対戦など。

実際はsideも寒かった。人が少ないダーツエリアはちょっと冷える。大勢になる夜ならばクーラーでよいはず。


それはさておき練習の事。瞬発的な良し悪しの波が酷くて頭がぐちゃぐちゃになる始末。これは考え過ぎかなとTwitterには書いたし、いまでもそう思っているが、こう言う時は考えを絞る必要がある。

・ダーツと関係のある事
・ダーツと関係のない事

まずはこの2つで分けたいが、後者でごちゃごちゃ考えてしまう日はそもそもダーツの使い方が普段と違うので、スコアは気にしてはいけない。

頭がモヤモヤする日には無心になるまでダーツを投げたい、そんなダーツの使い方もあってよい。スコアは伸びなくて当然と言うところからスタートして、ブルに集まる頃には頭もスッキリと言う算段だ。


ダーツ関係のある事でごちゃごちゃ考えている時は、どの部分で考えているのかを整理するとよい。全部同時に解決出来るなら苦労はしない。

・グリップ
・スロー
・何かのタイミング
・スタンス
・シュート力
・アレンジ
・その他

ある程度上達して上4つ位は無意識で出来るようになるとほとんど考えずにビシバシ飛ばせるのだが、どこかで逸(はぐ)れてしまうと処理が混線して頭がぐちゃぐちゃする。

こう言う時は、

ノーモア不自然!

で統一して行こう。どこかに不自然があるから混乱する。自然に飛ばしている内にきっと纏まる。そんな事を振り返る。


家での練習不足で週1の外投げがつまらなくなりつつあるので、もう少し焦点を絞って取り掛かることにしよう。足腰筋トレの日とダーツの日を交互にしてみるかな。